■我が家の愉快な同居人?インコたちの親バカ日記&羊毛フェルトで作るほわほわマスコットの作品紹介です■
羊毛+作り方で検索してこられた方へ
最近、このブログの検索キーワードに大変多いのですが
「羊毛フェルト ○○(動物名) 作り方」等でサーチして来られた方へ。

当ブログでは作り方のレクチャーを載せたりはしていません。
今後もやる予定もないです。
羊毛フェルトは作り手によってたぶん作り方が全然違うと思います。
同じ種類、同じ量の羊毛をつんつんしても、刺し方で雰囲気が違う物になってしまいます。
(刺す回数、強さ、深さ、針の角度etc.)
刺している所を直接みて貰わないと、写真と文章だけでは絶対伝えきれないのです。

ただ自分の作り方は我流ですが企業秘密でもないので、
質問をいただけたら できるだけお答えしようと思います。

羊毛フェルトを知らない方から羊毛動物の作り方について聞かれるときに
自分がいつも言う事なのですが、
「粘土細工みたいなかんじですw」と答えています。
粘土である程度の立体物をすんなり作れる方には 入りやすいと思います。
粘土が羊毛に、へらが針になっただけ、です。
逆にそういう立体物作成経験が全くないとちょこっとむずかしいかもしれません。

でも粘土とちがって手も机もよごれないし、乾くまでに作らなきゃ!という時間制限もないので、とりあえず羊毛と針買ってきてやってみるのをお勧めします!

最初は自分も、羊毛を針でつついただけでなんで形になるんだ???って
半信半疑で適当に羊毛と針をためしに買ってみたクチです。
で、適当にやってみて「なんだこれー!おもしろーー!!!www」と
すっかりはまってしまったのです(笑)。
やったことがまだなくて、興味を持ってる方はとりあえずやってみてください。

あ、そうそう「やってみたんだけどうまく形にならなくて…」っていうのもたまに聞きます。
最初は【メリノー】と表示されている羊毛は避けた方がいいかもしれません。
メリノーは比較的まっすぐで細めのさらさらな毛質なので、今では作品の仕上げにはなくてはならない羊毛なのですが、1から形をつくっていくのには向いていないと思います。
(前述の毛質なのでからまりにくく、しっかり固めにくいのです)
あちこちの手芸店で一番よく売られているのがハマナカの羊毛だとおもいますが、
色数豊富で「とりあえず買ってみるならこれなのかな?」と思わせちゃうフェルト羊毛ソリッドというシリーズがそのメリノーだという罠です(笑)
(自分も最初に買ったのがソレでしたw)
全くのはじめてで、とりあえずやってみようという場合には同じハマナカの「ナチュラルブレンド」シリーズを個人的におすすめします。
メリノーにくらべて色は地味なのしかありませんが(逆に私の作品にはぴったりだったりする/笑)とても形をつくりやすい羊毛です。

とまぁ長くなりましたが、羊毛フェルトって「これが正しい作り方だ!」ってのは一切ない物だと思っています。
そんなわけで作り方で検索してきた方、ごめんなさい。
でもこれを読んで「よっし試しになにか作ってみようかな?」と思ってくれたらうれしいです。

★クリックして応援してくださると嬉しいです♪↓★
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
Posted by Campanella
comment:2   trackback:0
[羊毛+作り方 で検索してこられた方へ]  thema:羊毛フェルト制作 - genre:趣味・実用
comment
私も初めて買ったのがメリノーシリーズでした。
あの当時は、あまり羊毛フェルトの本もでてなくて、よくわからなくて、、、、
小さい人形一つつくるのに、全然固まらなくて5時間もかかってたもんです(笑
羊毛フェルトは我流でできちゃうところが魅力ですよねi-179

ちなみに私の家は立川のほーです♪
2009/03/04 21:47 | | edit posted by すりかた
*すりかた さま*
やっぱり最初にメリノー買っちゃいますよね(笑)
そうそう、最初の固め方さえわかっちゃえば あとは自分のやりたいようにすればいいところがフェルトの楽しいところです♪
立川…地名は聞いた事があるけどどこかわからない私はエセ関東人です(笑)
2009/03/08 15:56 | | edit posted by Campanella
comment posting














 

trackback URL
http://hiyorimimuseum.blog20.fc2.com/tb.php/79-75f85643
trackback